2013年8月28日水曜日

どこに住むか。

実は、数ヶ月前東京に移住するという話が突然出て、我が家は毎日のようにその話でもちきり。東京のどこに住もうか、どんな家がいいか、物件まで調べてかなり住む気満々だったんですが、結局、色々考えてお断りして、夢の東京生活はやはり夢に終わりました。

その後、娘が2時間保育にも泣かずに行けるようになり、私もこの生活スタイルにも慣れだしたころ、ふと玄関から外をみた時に、風がびゅーっと吹き、空が青くて緑が見えて「東京よりシンガポールの方がいいかも」と心の底から思いました。

今までシンガポールが心から好きになれず、居心地はいいけどどこかで「ここじゃない」とずっと思って過ごしていました。確かに日本のものなら何でも手に入り、日本の学校、病院、本屋さん、美容院、スーパー、なーんでも少し多めのお金さえ払えば日本で暮らすようなレベルまでもっていけます。でも、私の求めている暮らしはこんなんじゃない、もっと自然いっぱいで文化がある場所に住みたい、と悶々としていました。嫌な事があると「もうこの国いや!!」と心から思いました。

今でもそこんとこは変わりませんが、無い物ねだりししていてもダメだと、住んでいる以上はその国をリスペクトしないと見えてこない事もあるんだと。五年間住んでいて何度か同じ事は考えたんですが、心の底からは思えなかった事です。やっと思えるようになり、気持ちがすっーとしました。

実は中学校の頃、何故か「将来どこに住むか」という事にこだわりがあり、勝手にランキングをつけていました。ちなみに、1位は高知県、2位は広島の尾道、3位は岡山の倉敷。全て行った所ばかりなんんですが、行った後に「絶対大人になって住むならここに住みたい!!」って思ってその後、大人になってからも何度か訪れて「やっぱりいいな〜」と思っていました。今でも住めるものなら住みたいですが。笑

どれだけの人が心から住みたい場所に住んでいるんだろう。私みたいに本当は心から住みたい場所じゃないんだよな〜って思って住んでいる人たくさんいますよね。だんだん年齢を重ねるうちに、仕事、子供、親の事とかしがらみができてより一層動きづらくなり、妥協して今の場所に住んで、それでも知らない間に慣れて来てそこが最終的には自分の居場所になるんだろうか。

いつも、老後は1位、2位、3位のどこかに住もうねって言っています。それが今では楽しみの一つです。でも旦那は「俺はスイスの山奥に住んでチーズ作りがしたい」と言っていますが。。。

2 件のコメント:

  1. 私もものすごく考えます。最近。
    私たち家族はどこで生きていくんだろう。って。
    どこで子どもといっしょに成長していくんだろうって。
    夫婦でいると「私たち」なんだけど、
    子どもがいると「私たち家族」ってかんじになって。

    子ども育てるって、なんか本当の意味で
    「生活そのもの」ってかんじよね。
    私も知らず知らずのうちに今の土地に根っこが生えて
    それは子育てをしてるからだと思う。

    私もシンガポールは、好きな人たちに出会えたから
    よかったけれど、シンガポールに永住したいかというと
    そんなに好きではなかったというか…
    一年中暑いのも季節感がないのも
    変化がなくて、神経が伸び切っていくようなかんじ。
    今思えば日々の移ろいに鈍感になっていく自分でした。

    でも、のりちゃんちからの帰り道
    バス停までの道を
    夕日を見ながらてくてくと歩いていて
    暑いんだけど風が吹いていて
    そのときはなんだか
    ああなんだか懐かしいな、このかんじ。
    懐かしい友達が隣にいるな。
    と感じたのをものすごーーーく覚えています。

    返信削除
    返信
    1. yuka
      そうやんな〜
      子供が出来るとなんとなく動きづらいことが多くなってくるな。
      根っこが生えてくるってそのまんまかも。

      私も一生仲良くしたいと思うお友達もできたし、
      シンガポールでの生活は満足してるねんけど、
      一生ここで暮らすのかってなったらどうかな〜って。
      季節感ないのはさすがにしんどいよな。。。
      私もかなり伸びきってるよ〜びよんびよんやわ。。
      でも最近PRになろうかと考え中です。。。
      まだ決めてないけど、EPのままだと日本でもこっちでも
      なにかと宙ぶらりんのままで。
      でも今PRになるのめっちゃ厳しくて、
      もしかしたらなれないかもしれんけどな。

      日本にはないような南国の風というか、
      そういうのはたまに気持ち良いよな。
      私ももうあっちのほう行く事はなくなったけど、
      14番にのってプチジャーニー並みにバスに揺られ揺られて
      あなたの家に通ったのを懐かしく思えるわ。

      削除