2009年6月19日金曜日

Changeling

全くテイストが異なる映画3本、Changling, Marley and me, Letters from Iwojima 先週だだだっと見ました。1番良かったのはやはりChangeling。公開の時に見逃して以来ずっと見たかった映画なんです。

ある日クリスティーン(アンジェリーナジョリー)の外出中に彼女の息子が居なくなってしまいます。ロス市警に捜索願いを出すもなかなか見つからない。数ヶ月が過ぎたある日「あなたの息子が見つかった」と警察からの連絡が入り念願の再会を果たしますが、目の前に連れてこられたのは見ず知らずの男の子。体裁や警察の名誉の為、焦ったロス市警はクリスティーンに別の子を引き渡したんです。「この子があなたの子だ!」と言い張る警察、「この子は私の子ではない!」と主張するクリスティーン。その後民衆も巻き込んだ社会問題にまで発展していきます。そして後半部分からは、何故小さな男の子ばかり居なくなってしまう事件が相次ぐのかという問題の解明もされていきます。その辺からもうだんだん恐ろしくなってきて何回か目をつぶりたくなるシーンもありますが・・・・この話は1930年代のアメリカの実話です。今の時代では考えられない事ばかりですが、この時代のアメリカの警察はこうだったんだと色々考えさせらる内容でした。ストーリーにも引き込まれましたが、この時代の服装、車、カラーも好きなのでそこにもぐっと掴まれてしまいました。Trailer

警察から別の子を引き渡されるシーン

来週はいよいよ「トランスフォーマー2」公開ですね!!!既にあっくんは1回目は会社で観に行くのと、2回目は私と観にいくのとで2回分の予約をしております・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿