2009年4月3日金曜日

シンガポールで犬を飼う

では、私の知ってる限りなのであまり情報量はありませんが、これからシンガポールで犬を飼う人のお役に立てれば。と思います。因みにネコちゃんはHDBフラット内では禁止です(何故禁止かというと、マレー系の方がネコ好きで増やし過ぎる為禁止になったと聞きました)でも、HDB団地内ではみなさんが餌をやるので野良ネコちゃん達がたくさんいますけどね。。。

*飼う前に*
当然の事なんですが、飼う前にオーナーさんはもちろんですが、お隣さんにも犬を飼うことの承諾を得ることがまず初めだと思います。私たちの場合はラッキーな事にみなさん犬好きだったのでとても喜んで頂けました。ワンちゃんにとっても色んな人を紹介できるのでソーシャライズさせるにはちょうどよかったと思います。

*HDBで飼える犬の種類*
日本の方々はコンドミニアムに住んでる方が大半だと思いますが、私達のようにローカルの方からHDBフラットを借りてる方は室内で飼える犬の種類が規制されているので注意が必要です。リストはこちら。HDBでは1フラットにつき1頭です。この規則に違反すると4000SGD(約25万)の罰金です(><)

*ドッグライセンス*
シンガポールでは3ヶ月以上の犬は全て国に登録をしなければいけません。登録は自分でもオンラインでできますが、必要な書類などを持っていけば購入時にペットショップの方がしてくださると思います。(ペットショップによって異なるかもしれませんので一度伺ってみてください)更新は1年に1回です。また、年に一回更新料がかかります。毎年更新時期になると通知が送られてくるので、それを持って郵便局で支払いをします。詳しくはこちらのHPへ

*アダプション*
色々な理由で飼えなくなった方から安い値段で譲って頂く。いわゆる”養子”ですね。これはアダプションサイトで検索してもし気に入ったらその飼い主の方と 直接連絡をとるというやり方です。一応これも考慮に入れていて1件問い合わせをしたんですが、そのワンちゃんはもう貰われていってしまっていたとの事でし た。年齢も様々なんですが、中には10歳を超えているワンちゃんもいます。
サイト1
サイト2
サイト3

*ペットショップ*

私達が行ったところは、普通のデパートの中にあるような一般的なペットショップ屋さんと、郊外にある広い敷地内にある犬だけを売っているペットショップ屋さんと2種類のタイプを見てきました。

郊外のペットショップ屋さん MAP
Pasir Risから少し離れた場所にあります。最寄のバス停からは少し歩かないといけないので、特に暑い日はタクシーで行った方が良いかもしれません。下に紹介するお店は全て同じ敷地内にあります。

Pet Hotel :ペットホテルも兼ねているお店です。一つの部屋で子犬達は狭いケージに1頭ずつ入られており、殺風景で暗い感じがしました。トイプードル、ダックスフンド、シェットランド等がメインでいました。すぐ出てしまったので値段は伺いませんでした。

Ericsson Pet Farm: こちらは広いハウスに1頭ずつで衛生的にも綺麗にしている感じでした。オーナーさん曰く、ここの犬達は海外から輸入しているので少し値段は高めになるけど、血統書付の良い犬だそうです。値段プレートは貼っていません。私達は入店してすぐにどこから来たかと聞かれ、素直に日本と答えると倍近い値段、ジャックラッセル1頭3000SGD(約20万)といわれました・・・・帰ってからよくよく考えるとあの質問はおかしかったんじゃないかと思い、あっくんが英語で匿名でジャックラッセルはいくらで買えるかとメールすると同じ犬が1600SGDとの返信が返ってきました。料金もだけど気分的にここは嫌だなと話し合い却下しました(><)

Pet Movers:一番奥にあるこのお店。入るとケージが 何段も積み重ねてあり、狭い1つのケージに5頭ぐらい一緒に入ってるワンちゃんたちもいました。。衛生的にはとても汚い感じです。オーナーさんは中国系だ と思います。値段はケージの前に料金プレートが貼ってあり、犬の年齢や種類によって様々ですが大体1頭800SGD(約5万) でした。犬種によってはオーナーさんがここで繁殖させているそうです。ジャックラッセルはここで繁殖させてるそうなんですが、あまりの多さに驚きました。 値段がどこよりも安いのでお客さんは結構いました。

デパート内のペットショップ
Vivocity(Pet Safari)とSimei(Pet Safari) 2件+他のペットショップのアドレスはこちら
どちらもグルーミングもクリニックもあります。2件を訪れて結局Vivocityでお昼ねしてたココに出会いその場で契約しました。色んな必需品も全てここで揃えました。品選びは全てスタッフの方が手 伝ってくださいます。でも色々お勧めされるので無駄買いしないようにいらないものは断った方がいいです。ココの初検診はSimeiでしてもらいました。先生は女性で丁寧に教えてくださり、好感の持てる方でした。

*公共交通機関での移動*
MRT、バスは基本的には禁止だと思います。禁止のサインは見た事ありませんけどね。お店の人曰く、まだ赤ちゃんなら隠しておけば大丈夫と言っていましたが、泣いたりした時の事を考えるとタクシーを使う方が無難です。タクシーは何回か使いましたがOKでした。あまり大きなワンちゃんでない限り嫌がられないと思いますが、一応乗車前に運転手さんに確認した方がいいと思います。


と。まぁこんな感じで飼うと決めてから約2ヶ月ぐらいは2人で色々話し合い、週末に色んなところに足も運びました。そして色々知らなかったペットショップの裏事情も知りました。大体はあっくんが調べて私に教えてくれていたんですが。。その一つがパピーミル(Puppy Mill)です。詳しいサイトはこちら 海外でも問題視されているそうです。これを見た後はどうすればいいのだろうと2人ですごく悩みました。命をビジネスにするということの悲惨さも考えました。シンガポールのペット文化は日が浅いので良いブリーダーさんはまだいないと思います。どこで買っても同じなので飼わない事が解決になるのかと思い一時は諦めかけましたが、私達はココに出会いました。その反面、色んなお店で出会った犬達が何頭生きて何頭死ぬのか、本当に複雑です。どうすればいいのかはまだ今後の課題になりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿