2014年8月25日月曜日

イチジク





初夏になると母が近所でとれたイチジクを毎日買って来てくれた。
だいたい四個入りでプラスティック容器に入っていて、
いたまないように大事に持って帰ってくれた。
イチジクの形はなんとも不思議で、見た目も味もなんとなく人口的ではない、
自然そのもの、そのまま木からポトって落ちて来たような感じが好きで大好物だった。
口に入れた瞬間は「あ〜夏が来たな〜」と思った。

先日スーパーでトルコ産の生のイチジクを見つけたので買ってみた。
日本のものよりは小ぶりで少しえぐみがあったけど、美味しかった。
娘にもあげたけど、食いしん坊の娘には珍しく1個食べて嫌だと言う。
日本で食べた時はむしゃむしゃ食べてたのに。。。たぶんちょっとえぐみがあったからかな。旦那も食べないので一人で3つも食べてしまった。

四季がないシンガポールで夏を感じた瞬間だった。

++++++++++++++++++++++++++++++++

焼きなすを食べては夏を感じ、みかんを食べては冬を感じ、
食べ物や匂いで四季をよく思い出す自分としては、
将来娘とこういう会話ができるだろうかと、ふと思ってしまう。
四季があるからいいとか、悪いとかは別にして、同じ思いを共感できないと寂しいな。

最近、娘がますます成長して色んな事を私達と共有できるようになってきたので
ふとそんな考えになってしまった今日この頃です。(-o-)




2013年10月29日火曜日

2歳になりました。

10月4日無事に2歳を迎える事ができました。
大きな病気も怪我もせず、すくすくと育ってくれてひとまずホっとしています。

身長87cm
体重11.3kg

毎日牛乳をたらふく飲むせいか、旦那の血を受け継いだのか、
身長は標準を超えました。
体重は抱っこしているとずしーんとくるので
重くなっていると思っていたけどそんなに増えていませんでした。

2時間保育の方は順調に毎日楽しく行っています。
これはまた別の機会に書こうと思います。

魔の2歳とか、イヤイヤ期とか言われる2歳ですが、
「うちもこの時期に入ったな」と思います。。。

うちの場合は2歳前が一番ひどかった〜。(今も継続中ですが)
やる事なす事気に食わない、遊んでいても出来なかったら
かんしゃくを起こして(前からかんしゃくを起こしてたけど、もっとひどい)
物を全部じゃーーって手で落としたり、投げたり。
すねてみたり、ココに当たったり、物に当たったり。。
「お〜これが魔の2歳か〜」って感じでした。

今はだいぶ落ち着いて、私の話もきちんと聞けて、
ココにも「ゴメンね」が言えるようになり、
「ぐっもーにん(Good morning)」「せんきゅー(Thank you)」
挨拶も出会う人に言えるようになりました。
(たまに人が多い場所に行くと人見知りをして
私の胸に顔を埋めて数分間顔をあげない時もあります)

お〜ずいぶん成長しとるな〜って感じです。

ただ、落ち着いて来てもやはり2歳。

例えば、普通にいつものコップに牛乳を入れると
「ちっちゃい コップでのむのーーー」と言います。
次飲む時に小さいコップに入れてあげると
「ちやう(違う)ーーーおっきーコップーーー」
次にどっちで飲むか聞くと
赤ちゃんの時に使ってたマグマグを出して来て
「これ!!」

大好きなキラキラ星の歌を歌ってあげると
「ちやうー(違うー)」というので
英語のキラキラ星を歌うと
これまた「ちやうーーー」
「じゃあ歌ってよ」と言うと
「きらきらひかうーおおきなほしはー」
とキラキラ星を普通に歌いだす。。。

たまに、私がする事なす事全て
「ない!!」とか「ちやう!!」「NO!!」とか。全て否定。
私が何かを読んだり書いたりしててもそれを取り上げたり。。。
あまりにひどい時は怒りますが、
娘が起きている時はなるべく自分の事をしないようにしています。

周りの話を聞くと大抵みんなこんな感じみたいです。
誰もが通る道です。
大変だな〜と思う時もありますが、やっぱり面白いしかわいいです。

難しい時期なのであまり神経質に言わずに「はいはい」と出来るだけ
言っていますが、寝不足と重なるとどうしてもイライラが爆発しそうになります。
そんな時は自分を抑える為に「腹式呼吸」をするようにしています。

この腹式呼吸がなかなか効きます!!
これもまた次回書こうかな。

そういえば、この間娘も私に注意されている時に「ふぅ〜〜」とひと呼吸。
いやいや参ります。

そんな感じで2歳。次はどんな3歳になるんでしょうね〜







2013年10月11日金曜日

サムイ旅行

先月、二泊三日でタイのサムイ島に家族旅行。

今回は今年の春に韓国旅行を計画していたが、北朝鮮のミサイル問題で出発ぎりぎりで泣く泣くキャンセルせざるを得なかった母へのプレゼント旅行も兼ねて。

出産後の日本以外の海外の家族旅行がこれが初めてだったので、
みんなかなりテンション高め。
とにかく海が大好きな娘も出発一週間前ぐらいからずっと「ばーばとうみいく」
と張り切り気味。娘がまだ小さいので2時間以内でいけるところで、
海のきれいな所というのでサムイ島に決めました。

白い砂浜、透き通る海、波の音、きれいな夕日。
今でも身体が海風と波の音を感じるぐらい感動的な場所でした。
KIMG0018

私たちが泊まったホテルは空港から車で45分ぐらい離れた場所。
the sunset beach resort & spa
名前の通り、夕日がとてもきれいに見えるアットホームなホテル。
人も少なく波の音を聞きながらのんびりしたい人にはもってこいのホテルです。
KIMG0062

今回は一番広いプールオーシャンヴィラというところに泊まったので、
部屋からも夕日が見え、ベッドで寝ていると波の音が聞こえるという
とっても贅沢なお部屋でした。

少しこのホテルから上にあがったところに
INTERCONTINENTAL SAMUI BAAN TALING NGAM RESORT があります。
ここのレストランがまたまた美味しくておしゃれで夕日も見れて、雰囲気満点。
高台にあるので海を見下ろす感じでおしゃれな開放的なホテル。
ここに今度泊まりたいねー。って話してました。
シンガポールにいる間にまた行きたいな。と思っています。

2013年8月28日水曜日

どこに住むか。続き

「シンガポールでいい」とどうしてそんなに急に思うようになったんだろう。と考えたんですが、一番の変化の原因は娘の2時間保育だと思います。すぐ家の下のところに入れているので、歩いて行く途中に近所の人や売店の人にも声をかけられるし、近所のおばちゃんにも「あそこの子と同じところ行ってるんだね〜」とか、「もう学校行き始めたんだね〜」とか私たちが知らない間にこの辺では知られていたり。そんな感じで毎日色んな人と言葉を交わしたり、挨拶をするようになり、自分の視野もぱーっと広がった感じがしました。

今までも気さくなシンガポール人なんで、挨拶や言葉をかわす事はあったんですが、以前よりもっと会話の内容が濃くなっというか、親近感があるというか。そんな感じがします。(シンガポール人は気さくで明るい人が多いので好きです)

うちは本当にローカルの人が住むようなところで、どうして日本人がこんなところに住んでるの?と最初の頃は珍しがられました。そして、この保育園も超がつくほどローカルです。それが逆に良かったのかなと思います。

そう考えると私の場合は、国じゃなくて地域のコミュニティに入っていければ楽しく暮らしていく事ができて、最終的に落ち着くのかな、と。そして、心から住みたいな〜と思える場所を見つけて住んだとしても、近所の人とそっけない付き合いなら、それはそれでつまらないな、と。

今は正直、他の国に行きたいというより、ここで満足しています。でも最終的には、本当に好きな場所にに住んで、馴染んで、その場所を満喫して過ごすのがいいな。

どこに住むか。

実は、数ヶ月前東京に移住するという話が突然出て、我が家は毎日のようにその話でもちきり。東京のどこに住もうか、どんな家がいいか、物件まで調べてかなり住む気満々だったんですが、結局、色々考えてお断りして、夢の東京生活はやはり夢に終わりました。

その後、娘が2時間保育にも泣かずに行けるようになり、私もこの生活スタイルにも慣れだしたころ、ふと玄関から外をみた時に、風がびゅーっと吹き、空が青くて緑が見えて「東京よりシンガポールの方がいいかも」と心の底から思いました。

今までシンガポールが心から好きになれず、居心地はいいけどどこかで「ここじゃない」とずっと思って過ごしていました。確かに日本のものなら何でも手に入り、日本の学校、病院、本屋さん、美容院、スーパー、なーんでも少し多めのお金さえ払えば日本で暮らすようなレベルまでもっていけます。でも、私の求めている暮らしはこんなんじゃない、もっと自然いっぱいで文化がある場所に住みたい、と悶々としていました。嫌な事があると「もうこの国いや!!」と心から思いました。

今でもそこんとこは変わりませんが、無い物ねだりししていてもダメだと、住んでいる以上はその国をリスペクトしないと見えてこない事もあるんだと。五年間住んでいて何度か同じ事は考えたんですが、心の底からは思えなかった事です。やっと思えるようになり、気持ちがすっーとしました。

実は中学校の頃、何故か「将来どこに住むか」という事にこだわりがあり、勝手にランキングをつけていました。ちなみに、1位は高知県、2位は広島の尾道、3位は岡山の倉敷。全て行った所ばかりなんんですが、行った後に「絶対大人になって住むならここに住みたい!!」って思ってその後、大人になってからも何度か訪れて「やっぱりいいな〜」と思っていました。今でも住めるものなら住みたいですが。笑

どれだけの人が心から住みたい場所に住んでいるんだろう。私みたいに本当は心から住みたい場所じゃないんだよな〜って思って住んでいる人たくさんいますよね。だんだん年齢を重ねるうちに、仕事、子供、親の事とかしがらみができてより一層動きづらくなり、妥協して今の場所に住んで、それでも知らない間に慣れて来てそこが最終的には自分の居場所になるんだろうか。

いつも、老後は1位、2位、3位のどこかに住もうねって言っています。それが今では楽しみの一つです。でも旦那は「俺はスイスの山奥に住んでチーズ作りがしたい」と言っていますが。。。

2013年8月20日火曜日

キャラメルラスク

冷凍庫に2種類のバケッドの残りがあったので作ってみました。
お店で買うのと同じ味がしてすっごくおいしい!!
レシピは こちら
簡単で美味しいので、
今週末にある友達のお別れ会用に大量に作ってみよう♩♩
Photo0094


最近めっきり写真のアップが減っているのは、
ニコンで撮った写真は全て旦那のMacで管理しているので、
そこからいちいち自分のパソコンに移すのが面倒な為です。。
しかも、簡易で撮ってたケータイ写真も、
こっちに来てから使いだしたノキアのケータイが遂に壊れてしまった為使えず。。。

そんな訳で写真がないエントリーが続いていましたが、
最近買った安いノキアのケータイのカメラが意外にも
そこそこな写真が撮れる為、最近は毎日ケータイで撮って、
ちょこちょこBluetoothでパソコンに取り込むという事をしています。

毎日夕方4時頃に家の近所を散歩します。
ここは学校の裏で車もこないし、日陰もあるのでいつも来ていて
たまにおやつと水筒をを持ってピクニック気分でのんびりしています。
Photo0082


2013年7月16日火曜日

一歳九ヶ月

いつの間にやら一歳九ヶ月。
もうすぐ二歳かぁ〜って考えるようになりました。

年齢を聞かれても一歳っていうのがなんとなくしっくりこないぐらい赤ちゃんから子供に成長していってます。

最近では全てオウムのように言葉も行動も真似っこ。
何か嫌な事があるとちょっとしかめっ面して
「も〜○○○○よ〜」(○は何言ってるかわからない)っていっちょまえに言ってます。
私が「も〜ちょっとやめてよ〜」とか
「も〜それしたらあかんっていうたや〜ん」とか。。。
言ってるつもりはないんですけど、
真似するってことは確実に頻度高めで出てますね。(反省)

最近の日課で夜寝る前にベッドの上でストレッチをします。
娘も横にきて一緒にします。
「はい、ごろんして足ぶらぶら〜」
「ぶあぶあ〜」
「次は力ぬいてバターン」
「ばたーん」
「足広げていちに、いちに」
「いーに、いーに」
「はい、ライオンさんのポーズ がおー」
「がおーーーー」
と、こんな感じで完全にオウムです。おもしろい。

そして、だーだ(あっくんの事)との会話も面白い。
みんなで夕飯を食べてる時に、もぐもぐ食べてるあっくんをちらっと見て
「だーだ じょうず ねー」と。
いつも「上手に食べるな〜えらいな〜」と言われてるからだと思います。
また別の日では、あっくんに何か話しかけてたみたいだけど
あっくんが全く聞こえてなかったらしく、相手にされなかった時に
怒って「あっちゅん!!」と言っていた。
言われた本人は毎回固まっております。。。笑

最近はちょっと文章っぽくなってたり、
「かーちゃん(カナちゃん) ふーせん しゅる」とか
「だーだ ぶー した」(ぐふぐふ笑いながら)
私が手伝おうとすると
「まま あっち いって!!」(かなりショックなんですけど)とか。
一週間ぐらい前から「〜と」と「〜に」を使ったりするようにもなってます。
「ととろ とー めいまん(めいちゃん) とー まま とー」とか。
コップに牛乳を入れてほしい時は
「ままー こっぷにー」とか、
自分で服を選んだり、靴を選んで一人ではいたり、
こだわりや、自分で何でもしたいというのも強く出てきました。

色の名前も最近言えるようになってきて、
「きいろ」「あお」「あか」「ピンク」はなんとなくわかってるようです。

書き出したらきりがないぐらい、最近は成長に追いつけませんね。
会話が出来ると本当に楽しくて、かわいくて毎日ぎゅーってして
何度も「大好き〜」と言ってしまいます。